建築・設計事例集

アントレパルク : 世田谷区(公園入口に接している)

(第2種住居専用地域  準防火地域  第3種高度地区  敷地面積約232㎡)

公園入口の道路と都道鮫洲・大山線幅員20.0mが直角に交差し、もう一本4.0m道路がその入口の道路に接した三方道路に囲まれた敷地。 公園入口の道路は公園へ來訪者を誘導するかの様に樹木が生い茂っている。 やはり、公園をこの建物のコンセプトの芯に据え、フォマルを避けカジュアルに近い柔らかい雰囲気を醸すことが良いのではと思った。 

また、店舗(B1、1、2階)と共同住宅の入口は別々にした。

当然店舗の入口は人通り多い都道側に、もう一つの入口は裏側にあたる道路側に設けた。 しかし、この入口と施主の入口は区分できなかった。 尚、施主との打合せ時には些細なことと思われることであっても打合せ議題にのせ了解、または再考を幾度も経た上納得をいただいた。 例えば、1階の店舗はGLより約400mm下げお客さんが入り易く、2階の店舗へは幾分でも低くとの意図。 これは北側斜線による4、5階のカット部分を幾分でも少なくできる。 但し、地下店舗は深くなる。 地下はドライエリアを二箇所とり地上のグリーンが僅かではあるが感じられ、何かの時避難できるように階段を設け、壁からの持ちとし軽快感を持たせた。